婚姻と出生と国籍

  • 2018.03.13 Tuesday
  • 13:38

 

日本は、国籍について“血統主義”をとっています。

これは、出生時に父母のどちらかが日本国籍を有していることによって、日本国籍が与えられるというものです。

 

よって、日本人との“結婚”によって、外国人の配偶者に日本国籍が付与されることはありません

 

つまり、日本人男性と外国人女性が結婚した場合、

夫は引き続き日本国籍のままで、妻は引き続き外国籍のまま、ということになります。

ただし、日本人女性と外国人男性の婚姻の場合は、

結婚する相手の男性の国籍によって、必然的に(自動的に)夫の国の国籍を取得してしまう場合があるので、要注意です。(注1)

 

※注1 アフガニスタンやイラン、サウジアラビア等の国では、結婚によって夫の国籍を取得します。よって、当該日本人女性は、一時的に日本国籍と相手方の国籍の二重国籍となります。

しかし、日本は二重国籍を認めていないため、国籍を選択する必要があります。ここで、日本国籍を選択すると外国籍を喪失し、外国籍を選択すると日本国籍を喪失します。

 

 

日本国籍である者には、“戸籍”があります。

日本人同士が結婚した場合、戸籍の身分事項に“婚姻”の記載と、婚姻日、配偶者氏名、従前戸籍地等が記載されます。

更に、婚姻により夫婦は同じ戸籍となるため、

“戸籍に記載されている者”として、配偶者の氏名や生年月日、父母の名前や出生の情報等についても記載されます。

しかし、日本人と外国人が結婚した場合、日本人の戸籍の身分事項の欄に“婚姻”の記載がされ、婚姻日や配偶者の氏名、国籍、生年月日等が記載されますが、

“戸籍に記載されている者”とはなりません。

 

 

また、日本は血統主義をとっているため、

出生時に父母のどちらかが日本国籍を有していれば、生まれた子は日本国籍を取得することになります。

これは、日本で生まれても外国で生まれても、同様です。

 

しかし、外国人夫婦の子が日本で生まれても、日本国籍を取得することはできません。

 

 

 

---------------------------------------------

結婚・離婚に関するビザのご相談は、“結婚・離婚ビザ相談センター”まで!

今すぐにご相談したい方は、こちらからご予約ください。

※”結婚・離婚ビザ相談センター”は鴻富行政書士法人が運営するサイトです。

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM