注意!配偶者の有無の記入

  • 2018.02.15 Thursday
  • 11:37

 

夫婦関係を根拠とした在留資格(以下、「ビザ」といいます)(日本人の配偶者等、永住者の配偶者等、家族滞在、定住者等)を申請する場合、

当然のことながら、申請書の「配偶者の有無」の欄には、“有”に〇をつけますよね。

 

でも、他のビザ(例えば、就労ビザや留学ビザ)を申請する場合、

配偶者がいるにもかかわらず、“無”に〇を付けて申請してしまっている方、

実は意外に多いようです。

 

その理由を聞いてみると、

・(留学ビザの場合)自分は留学生なので、配偶者の有無は関係ないと思った

・海外での結婚で、日本では手続きをしていないから、“無”でいいと思った

など、様々です。

また、中には、もしかしたら何か事情があって、

それを意図的に隠そうとして“無”に〇をつけた人もいるかもしれません。

 ↑

これは、結構悪質ですね(^_^;)

 

さて、そのような方が、

「夫婦関係を根拠とするビザへ変更したい」、

または、そのビザで「配偶者を呼び寄せたい」、と考えたとします。

 

この場合、もちろん“配偶者”としてのビザなので、

「配偶者の有無」には“有”に〇をつけます。

そして、婚姻証明書等の婚姻を証明する資料を一緒に提出し、

二人がきちんと法的に婚姻関係にあることを証明しようとします。

しかし、そこに書いてある日付が、前回「配偶者の有無」に“無”に〇をつけた申請書を提出した日よりも前だったりすると、

資料を確認した入国管理局は、当然、あれ?どういうこと?と思うでしょうし、

“偽装か?”と疑われても仕方ありません

そして、入国管理局としても、事情を確認するために、

説明(追加資料の提出)を求めてくる、ということになります。

(もちろん、それもなく、不許可の結果となってしまうことも、あります。)

 

そのときになって、

「あれは“うっかりミス”だった」とか

「配偶者は“無”でいいと勘違いしていた」などとどれだけ説明しようが、

残念ながら、これまでのケースを見ていると、結果は不許可となることがほとんどです

なぜなら、申請書には「以上の記載内容は事実と相違ありません」と書いてあり、

申請人または申請代理人が署名しているからです。

それが、“実は間違いでした”、と今更言ってみたところで、何の説得力もないわけです。

 

申請書類については、事実に基づいて正確に記入し、記入が終わったら再度内容を確認し、

もし、どう書けばいいかわからない、と思ったら、入国管理局や専門家に確認するべきです。

“めんどくさい”とかいう理由でそれを怠ったら、結果的にもっと“めんどくさい”ことになりうるのです。

 

 

 

---------------------------------------------

結婚・離婚に関するビザのご相談は、“結婚・離婚ビザ相談センター”まで!

今すぐにご相談したい方は、こちらからご予約ください。

※”結婚・離婚ビザ相談センター”は鴻富行政書士法人が運営するサイトです。

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM